JUFE-210 ウブな女学生を狂わせるお爺ちゃんの秘密の性感開発 ~あの夏汗にまみれて調教された思い出~ 丘えりな

今回は「JUFE-210 ウブな女学生を狂わせるお爺ちゃんの秘密の性感開発 ~あの夏汗にまみれて調教された思い出~ 丘えりな」についてレビューを書いていきます。
作品は丘えりなさんが大学生で久しぶりに実家に帰省したところから始まります。実家に帰ってみると今日はお風呂が壊れていて
裏のおじいちゃんの家にお風呂を借りることになっているらしく早速、丘えりなさんがおじいちゃんの家にお風呂を借りにいきます。
おじいちゃんは久しぶりに会った丘えりなさんがあまりにも大きくなっていて全然わからない様子です。しかも耳が遠い雰囲気で、
丘えりなさんの話を聞いてようやく「きくえさんとこの、あーあー。」と納得したようでした。「わしは座敷童かとおもったぞ」となかなかウィットに飛んだギャグをかましてくれます。
おじいちゃん役の男性は明らかに平泉成風の物真似を意識した喋り方です。このまま最後までこのキャラで行けるのか心配になります。
お風呂に入るために丘えりなさんはおじいちゃんに席を外してもらいますが、この爺さんはエロじじいなのでしっかりと丘えりなさんの裸を覗いています。
じじいは丘えりなさんの裸を見て成長したのぉと声を漏らします。丘えりなさんの脱いだパンツの匂いもじいさんは嗅いで堪能しています。
まだまだこの爺さんは枯れていない様子で丘えりなさんのパンツの匂いでボッキします。
次の日実家でのんびりすごす丘えりなさんですが、クーラーも無い様子で汗だくでうちわであおいでしのいでいます。
そこに裏のじじいから電話がかかって来て農作物を取りに来てくれとお願いされます。留守番中の丘えりなさんはしぶしぶ出かけますが
爺さんの農作物を見て感嘆の声が出ます。農家の農作物にしては少ないのが気になります。
丘えりなさんがカゴに野菜を入れていると急に爺さんが腰を痛がりはじめます。来ました。エロじいさんの罠です。
奥まで丘えりなさんの手を借りて奥まで連れて行ってもらいます。和室に入ると爺さんはバランスを崩した演技で二人で倒れこみます。
丘えりなさんも倒れて爺さんが上に覆いかぶさる形です。じいさんは「接吻もおぼえたのかの?」といいながら丘えりなさんの口に吸い付き丘えりなさんのおっぱいをもみ出します。
じいさんは「都会ではいつも男とこうえやってちちくりあってるんじゃろ?」と言われも無いこと丘えりなさんにいいながら
問答無用に丘えりなさんの体を犯していきます。ノーブラの丘えりなさんは簡単におっぱいが出てきてじいさんに吸われています。
丘えりなさんは抵抗しながらも爺さんを抑えられません。じいさんは腰が動かないといいながらも丘えりなさんの中にバックから入れてバンバン腰を振り
最後は初めての女の子に中出しをします。ひどいエロじじいです。丘えりなさんも初めてにもかかわらず強引にされているうちに
気持ち良くなってしっかりやらしい声を出しています。
じじいはことが終わると田舎なのでこれは二人だけの秘密にしようといいだして、まだボッキが治らないじじいはまた生で2回目の挿入をして元気に腰を振ります。
夕方になって野菜をもらって実家に帰ります。結局丘えりなさんは実家の留守番ができなかったので風呂修理の業者は帰ってしまい。
またアベさんの爺さんの風呂をかりることになります。次の日じいさんは丘えりなさんの家にやってきます。じいさんは完全にエロに火がついている状態で、
母親がいるにもかかわらず丘えりなさんに襲いかかります。このくらいからお互いにじいさんは若いものには負けない、丘えりなさんは爺ちゃんなんかにまけないもんと
なぜか切磋琢磨しているような雰囲気で爺さんのエロ調教、夜の女のテクニックを仕込むような展開になっていき丘えりなさんは体育会系の物語のようにこれにかかんに耐えていくような雰囲気で中出しセックスが
繰り返されるようになっていきます。
ということで今回の作品は丘えりなさんの若さが非常に感じられる裸体の美しさを爺さんが土足で踏みにじりながら調教していくような話であったと思います。
ドラマとしてみるとそれなりにストーリーとしてエロを楽しめる内容になっていたのではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!