MEYD-613 本番なしのマットヘルスに行って出てきたのは隣家の高慢な美人妻。弱みを握った僕は本番も中出しも強要!店外でも言いなりの性奴●にした 辻井ほのか

今回は「MEYD-613 本番なしのマットヘルスに行って出てきたのは隣家の高慢な美人妻。弱みを握った僕は本番も中出しも強要!店外でも言いなりの性奴●にした 辻井ほのか」についてレビューを書いていきたいと思います。
今回の辻井ほのかさんの役柄は若い人妻ですが、隣の家のテレビの音が大きいとクレームを言いに行っているところから始まります。
隣人の男性に土下座までさせる結構きつめの女性のようです。土下座させられた男性はかなり傷ついているようで、家の中で激怒しています。
その次の朝、旦那さんとコーヒーを飲みながら話しているところに映像が変わります。。
旦那さんは奥さん・辻井ほのかさんの財布が変わっていることに気づいて、まだ財布買ったの?と高そうな高級ブランドの財布を見ていいます。
辻井ほのかさんはショップ店員で働いているというふうに旦那さんには言っているようですが、実はヘルス譲渡して風俗店で働いているようです。
昨日土下座させられた男性は悔しくて眠れずにむしゃくしゃするので、なけなしの金を握り締めてヘルスにいきます。しかしそこは辻井ほのかさんが働くヘルスという展開です。
男性は待合で待っていると辻井ほのかさんが後ろ姿で接客の準備をしています。色が白くお尻が大きくてそれをみた男性は期待を膨らませています。
風俗嬢・辻井ほのかさんから服、そこに脱いでくださいねと促されて脱いで、サービスを受けにいくと、顔を見てお互いにわかってしまいます。
男性は「奥さんだよね?隣の。」勝ち誇った高笑いをします。辻井ほのかさんは必死に「人違いです」と言いますが。苦しい言い訳です。
男性は旦那さんにバラすとおどしますが、辻井ほのかさんは他の女の子に変わってもらうと部屋を出ようとしますが、男性は逃しません。
男性は「こんなおっぱいしてたんだ」とげんなりしている表情の辻井ほのかさんを気にせずにおっぱいを揉み始めます。
辻井ほのかさんは明らかに嫌がっていますが、嫌がれば嫌がるほど男性のテンションは上がっていくようです。
男性は「旦那さんにこのことバラしていいんですか?嫌でしょ?サービスしてくださいよ」を合言葉にプレイを要求していきます。
マットに男性から押し倒すと「ほら、キスしてくださいよ。客ですよ。ほら舌出して」と無理やりキスしてもらいます。
辻井ほのかさんは他の女の子に変わってもらうと逃げ出そうとしますが、男性は逃しません。「僕が指名してるんだからダメですよ」と逃しません。
男性は自らローションを辻井ほのかさんのおっぱいにぬって辻井ほのかさんの乳首を責めると乳首はびんびんにボッキしていきます。色の白いおっぱいがローションでさらにやらしくなっています。
さらに男性はローションを辻井ほのかさんの股間に塗り込もうとすると辻井ほのかさんは「ここはやめて」と女の子らしい声を出します。
辻井ほのかさんは抵抗しようとしますが、マンコを刺激されて明らかに感じてしまっています。
パンツを脱がされて肉付きのよいマンコをリズミカルにテンポよく手マンで指を振動されると辻井ほのかさんはマンコを濡らしてしまいます。
男性は「さぁ仕事、仕事」とマットヘルスのプレイを要求します。嫌々ながらも辻井ほのかさんはフェラチオ・肛門舐めという、サービスを受けていきます。
そしてパイズリが終わると素股させてよ、とビンビンに勃起したちんぽにさらにローションをぬって辻井ほのかさんのマンコにちんぽを擦り付けます。
ローションがたっぷり塗られているの男性は入っちゃいそうと言いながら、「うちの店本番はダメなんだから」という辻井ほのかさんの意見を聞かずに入る・入らないの攻防を楽しみます。
辻井ほのかさんは「せめてゴムをして」と言いますが、すでに入ってしまい。男性は辻井ほのかさんのマンコを十分に楽しみます。
辻井ほのかさんの「中出しはダメ」という願いもむなしく男性は昨日の悔しい思いも溜まった精子も辻井ほのかさんの中にぶちまけてしまいます。
ということで今回の作品は辻井ほのかさん演技は普通のセリフは棒読みのお芝居なんですが、セックス中のお芝居はとても演技力のあるお芝居でなかなかよかったですね。

最新情報をチェックしよう!