JUL-253 転職先の女上司に勤務中ずっと弄ばれ続けている新人の僕 小早川怜子

今回は「JUL-253 転職先の女上司に勤務中ずっと弄ばれ続けている新人の僕 小早川怜子」についてレビューを書いていきたいと思います。
主演は小早川怜子さんで男性のトレーニングジムのインストラクター目線でストーリーは進みます。
この男性の勤務しているトレーニングジムに通っていたお客さんんが小早川怜子さんでしたが、トレーニングジムの業績が悪化して
この男性インストラクターはリストラによる退職が決まっているようです。いつものようにジムに来た小早川怜子さんに男性は、今日で退職することを
小早川怜子さんに話します。男性インストラクターに小早川怜子さんは次の仕事は決まっているのか?と尋ねると男性インストラクターはまだ決まっていない様子です。
それをみた小早川怜子さんはあとで名刺を渡すから連絡してきてと男性インストラクターに仕事を紹介する様子です。小早川怜子さんはうちにくればいいわと
小早川怜子さんはどうやら会社のえらいさんのようです。
シーンが変わって小早川怜子さんのオフィスのシーンです。トレーニングジムで働いていた男性は初日から遅刻ギリギリなようで走って会社にきます。
小早川怜子さんは初日から遅刻にちょっといらっとしている様子です。小早川怜子さんの会社は下着メーカーのようです。
小早川怜子さんは自分のオフィスに入ると全裸になり着替えます。熟女の小早川怜子さんですが整形かもしれませんがおっぱいも垂れてないし、お尻もきゅっと引き締まっています。
一般にこういう女性を美魔女というんでしょうね。新人の元トレーニングジムのインストラクターだった西村くんが人事部から電話がかかってきて小早川怜子部長に取次にいくと
着替えてセクシーな小早川怜子部長の体を見てしまいます。
小早川怜子さんはミーティングルームに西村くんを呼ぶように部下に指示し、ミーティングルームに小早川怜子さんと西村くんの二人きりになります。
二人きりになると、早速、肉食系の小早川怜子さんは西村くんにべろちゅーをして西村くんを骨抜きにします。小早川怜子さんの舌が長くさらにやらしくまさしく淫乱の雰囲気があたりを包みます。
西村くんは思わず「小早川怜子さん」というと小早川怜子さんは「違うでしょ、小早川部長でしょ」とあくまで会社内の上下関係をまま、西村くんの下半身に手を伸ばして
西村くんの男根を直接手で触ります。手でしごかれながらさっきの小早川怜子さんの着替えを覗いていた感想を求められますが西村くんは何も答えられません。
西村くんのそこそこ巨根のちんぽを小早川怜子さんは熟女のテクニックでビンビンに大きくしてさらに慣れた手つきでしごきながらベロチューを続けています。
結局ミティングルームでは西村くんだけ射精してミーティングルームの床には西村くんの静液が撒き散らされた状態で終わります。この絡みでは小早川怜子さんはおっぱいも見せておらず
単に西村くんが弄ばれたような感じなっており、西村くん自身もある種敗北感を感じてしまったようでした。
次は西村くんが新作のパンフレットの校正をしていると部長に持ってくるように指示されます。指示通りパンフレットを持っていくと小早川怜子さんは赤ペンをおっぱいの間に挟んだり
ふとももにはさんだりとまた何かされる雰囲気が漂います。パンフレットの校正ミスを指摘して、工場に小早川怜子さんと西村くんで出かけます。その帰りゲリラ豪雨に会い、
会社に戻ってくるとオフィスにはすでに誰もいない状態で小早川怜子さんは濡れてスケスケのスーツ姿、西村くんは色気が隠し切れていない小早川怜子さんに我慢できずに襲いかかります。
小早川怜子さんはダメっときつく言いますがそれほど拒みはせずに新人西村くんととうとう関係を持っています。小早川怜子さんはなぜかノーパンです。常にノーパンなんでしょうか。
おそらく他の男性社員もみんな小早川怜子さんのマンコを拝んだことがあるような雰囲気のオフィスです。
ということで今回は小早川怜子さんは会社ではやりて部長ですが、セックスで社員をコントロールしていくタイプの上司のようです。サラリーマンの夢の詰まったストーリーでした。

最新情報をチェックしよう!