SSNI-825 新人NO.1STYLE 三宮つばきAVデビュー

今回は「SSNI-825 新人NO.1STYLE 三宮つばきAVデビュー」についてレビューを書いていきたいと思います。
今回の作品は三宮つばきさんのデビュー作ということで内容もいつも通りのデビュー作でインタビューから入ります。
三宮つばきさんは22歳ということで最近は18や19でデビューする女の子が多い中、22歳ということですでにちょっと大人な女性です。
初めてカメラの前で話すのかとても硬い雰囲気で初々しさを感じます。久しぶりにショートカットの美人AV女優がでてきたなという感じです。
趣味は料理とフランス語でごくごく簡単なフランス語で自己紹介をします。話し方は緊張して硬いですが年の割にはちょっと落ち着いて雰囲気もあるのでひょっとしたら
22歳よりも本当の年齢は高いかもしれないです。一時期、パティシエとしても働いていた経験もあるようです。パソコンの早打ちも得意なようです。
この三宮つばきさんは初AVのお相手をする男優さんも言ってますがなんか品のある女性です。なんでAVに出演することになったんでしょうか、気になります。
三宮つばきさんの家庭は結構厳しかったようで、学生時代の門限は18時でほとんど遊びも知らずに育ってきたようです。
スタッフからのそれまでセックスはどうしてたんですか?との問いにずっと一人でしてましたと照れることなくしれっと答えてくれます。
三宮つばきさんはセックスは大好きで、その理由は素の自分に戻れるからということらしいです。相手にしてあげるのの好きでペロペロします。と真顔で答えます。
品のある感じはしますが平然と行ってしまう感じはちょっと感覚がずれてる子なのかなという疑念が沸いてしまいますね。
今回はどういうセックスがしてみたいですか?と聞かれると恥ずかしいという感じを捨てたセックスをしてみたいと言っています。
羞恥心を捨ててのセックスをめざしたいということですがデビュー作でこれができる新人AV女優さんはその後もしばらく生き残っていく感じの女の子が多いので
なかなか難易度が高い気がしますし、そこを目指すということはなかなか大人な観察眼をもっている感じがします。
だいぶおっとりさんなのかクレバーなのか微妙な感じになってきました。
好きな体位を聞かれてなぜかここは照れて後ろからと答え、男優さんに「バックからって」言ってよ。訂正を求められます。
淫語も平気なのかなと思ったら「バック」程度の言葉で照れだすとはなんとも読めない女優さんです。
ここでとうとう初脱ぎの撮影に入ります。まずはスカートを自分でめくりあげてスカートの中身を見せてもらいます。薄いプルーのパンツです。
その後、スカートを脱ぎ、シャツも脱ぎます。バスト89ということでそこそこのおっぱいの大きさです。ブラジャーを装着している状態ではしっかりと谷間ができています。
とにかくこの女優さんは色が白いですね。映像処理もあるでしょうがそれを差し引いても色が白いです。
ブラジャーをはずすとおっぱいが出てきますが、ちょっと残念です。明らかに豊胸です。ブラジャーを外してもバラジャーしていた時とそのまま同じの形で自然な垂れ具合がありません。
絡みは男優さんがソファーに座り男優さんと同じ方向をむいて、つまり男優さんに背を向ける状態で膝の上に座り後ろからおっぱいを触られます。
そして四つん這いになってこれは間違いなく美尻なお尻を男優さんがチェックするように触ります。
下半身は完全なパイパンで色白なだけあってマンコの色は鮮やかなピンク色です。M字開脚で足を自分で開いて、男優のマンコに指が入ると三宮つばきさんはすっかり大人な表情に変わり
上目遣いで男優さんの表情を見つめています。感度はそれなりに良い感じで脱ぎっぷりもよくそんなにもじもじしている感じもありません。
結構汁を飛ばしやすい体質で騎乗位ではゆっくりと腰をスローに降るところがこの女優さん、とてもやらしいです。喘ぎ声はそこそこあって噛んだいかい声で喚く感じではなく
しっかりと感じてる雰囲気で声を漏らしています。
今回の作品では新人としてはそこそこのクオリティーのセックスを見せてくれたと思います。ただ整形が入っていたことからも落ち着きっぷりからもそこそこの修羅場を潜ってきたような気もします。
新人デビュー作としては及第点の作品だったのではないでしょうか?おっぱいの形は人工的ですが水着映えはする体だと思います。

最新情報をチェックしよう!